本文へ移動

直流電動機点検作業

直流電動機点検作業とは

整流子とブラシは直流電動機の心臓部であり、日常の保守のうちで最も影響を受けやすい部分です。
直流電動機はブラシを介して整流子へ電気が流れ回転する原理ですが、ブラシと整流子が接触しているため、時間と共にブラシが摩耗していきます。摩耗する時に出るブラシの粉が直流電動機内部の絶縁部分に付着し、モーターの絶縁を低下させます。その為、定期的に直流電動機内部のエアーブローや絶縁部分の清掃を実施しなければなりません。
又、摩耗したブラシの取替え、整流不良や荒損、トラッキング等の微候が現れたら、速やかに処置することによりモーターを長持ちさせることができ、全体として保守費用を軽減されることにつながると考えます。
本社
三島事務所
0
0
2
4
6
0
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
有限会社協栄電機
本社
〒799-0703
愛媛県四国中央市土居町藤原1-146-1
TEL.0896-74-8757
三島事務所
〒799-0401
愛媛県四国中央市村松町652-2
TEL.0896-22-3251
FAX.0896-24-3148
1.各種電動機の点検保守
2.各種電動機のメンテナンス修理
3.各種電気系統点検・整備・保守
4.各種電気系統設計
※お問い合わせの際は、三島事務所「TEL.0896-22-3251」にご連絡下さい。
TOPへ戻る