本文へ移動

電気制御センサー点検整備作業

電気機器・制御機器センサー点検整備とは

センサー点検整備作業は、主にリミットSW、近接SW、光電管SWの点検整備作業を行っています。
各センサーに共通する点検ポイントとしては、センサー検出部の清掃、センサー取付位置確認、養生整備等を行っています。
中でも重要センサーに於いては動作確認を行い、表示ランプ・警報ブザー等で良否の確認をしています。動作が悪ければセンサー更新及び追跡調査を行います。又、絶縁抵抗測定器(メガ)による絶縁抵抗測定も行っています。数値が悪ければ追跡調査、誤操作防止の為、予知保全としてセンサー更新等の対策を行います。
センサーは自動制御機器の一部のため、動作確認は一個一個のセンサー単独で行います。
センサーは安定操業をしていく為に必要な物です。センサーに異常があると操業の自動制御にトラブルが生じ、一個のセンサーの異常がマシンを止めることにもなりかねません。
センサーのトラブルによる機械、マシン等の異常停止を防ぐ為、上記のような予防、予知保全を行っています。
電動機運転の為に欠かせない制御盤(コントロールセンター・CBS)の点検も行っています。内部の部品の老朽化や異常を発見し交換修理を行っています。熱画像測定もその点検方法の一つとして行っています。
本社
三島事務所
0
0
2
4
6
0
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
有限会社協栄電機
本社
〒799-0703
愛媛県四国中央市土居町藤原1-146-1
TEL.0896-74-8757
三島事務所
〒799-0401
愛媛県四国中央市村松町652-2
TEL.0896-22-3251
FAX.0896-24-3148
1.各種電動機の点検保守
2.各種電動機のメンテナンス修理
3.各種電気系統点検・整備・保守
4.各種電気系統設計
※お問い合わせの際は、三島事務所「TEL.0896-22-3251」にご連絡下さい。
TOPへ戻る